読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiyoblo(@kiyohero)

個人のブログです。

写真とストリートビューで思い出の場所を巡る #地元発見伝

小さいころの記憶があまりない。

先日たまたま古い写真を整理する機会があったので、写真からわかる内容をもとに、Googleストリートビューを使って小さいころの思い出の場所を巡ってみました。

 

この記事ははてなブログ×イーアイデム×デイリーポータルZのコラボ企画「地元発見伝」に参加した投稿です。筆者は株式会社はてなに所属しこの企画にも関わっています。
http://partner.hatena.ne.jp/jimoto/
「記憶に残る風景」 #地元発見伝

 

 

佐嘉神社

まず1枚目はこちら。おそらく生まれてから1か月後ぐらいなので、初宮詣というものだと思う。

f:id:kiyohero:20141010165004j:plain

 

ストリートビューで「佐嘉神社」と検索した結果がこちら。そういえば親の実家に行くときによく前を通っていたような気がする。今度帰省したときにでも行ってみようと思う。

https://www.google.com/maps/preview?q=33.251053%2C130.30271
佐賀市, 佐賀県貫通道路


佐賀 佐嘉神社公式ブログ

 

阿蘇国立公園 狭霧台(現・阿蘇くじゅう国立公園)

次の写真はこちら。おそらく2歳ぐらいのころっぽい。うっすらと記憶に残っているような気もするけど、阿蘇は何度も行っているので記憶が混ざっているのかもしれない。

f:id:kiyohero:20141010165136j:plain

 

Wikipediaによるとこの写真に写っている狭霧台からは由布院の景色が一望できるらしいので、上の写真に写っている町並みは由布院なのだと思う。この付近では「牛食い絶叫大会」というイベントが開催されているそうで一度行ってみたい。

https://www.google.com/maps/preview?q=33.26022%2C131.382668

由布市, 大分県県道11号線


由布院牛喰い絶叫大会 | イベント情報 | 日本一の「おんせん県」大分県の観光情報公式サイト

 

阿蘇くま牧場(現・阿蘇カドリー・ドミニオン) 

次に探したのがこの写真。五重塔っぽい建物が写っているけど、前後の写真から推測すると熊本にあるテーマパークっぽい。パンダがいるのが気になる。

f:id:kiyohero:20141010165656j:plain

 

そういえば阿蘇くま牧場に行った記憶があるなと思ってストリートビューで検索してみたら、それっぽい建物があった。「十二支苑」という施設らしく、今は縁結び推しになっていた。

https://www.google.com/maps/preview?q=32.930897%2C131.066322
Google Maps


十二支苑・日本庭園 of 阿蘇 カドリー・ドミニオン

 

ペンション 

泊まっていたペンションの写真もあったので探してみた。

f:id:kiyohero:20141010160423j:plain

 

これもペンション名の記憶がうっすらあったのでGoogle先生に聞いてみてアタリをつけて探してみた。窓の形が同じなのでおそらくここで合っていると思う。ストリートビューで周りの道路を回っていると不思議と既視感があったので脳ってすごいなと思った。

https://www.google.com/maps/preview?q=32.930875%2C131.042122

阿蘇市, 熊本県

 

大濠公園

この写真のころは小学生ぐらいなので比較的記憶に残っている。確か大濠公園が大規模な清掃、調査にかかるということで近所の子どもたちに外壁イラストを書いてもらったときだと思う。

f:id:kiyohero:20141010161804j:plain

 

今の大濠公園のストリートビューはこちら。残念ながら公園の中にまではストリートビューは入っていないようだった。最近はジョギングや散歩に人気のスポットらしいので、ぜひストリートビューにも対応してほしい。

https://www.google.com/maps/preview?q=33.589803%2C130.375043
福岡市, 福岡県

 

思い出の場所をストリートビューで巡るのは楽しい

そもそも親に聞けばすぐわかるのかもしれないけど、うっすらした記憶と写真だけで思い出の場所を巡ってみるのは自分のルーツを探っている気分になれて楽しかったです。今昔比較もできて軽い浦島太郎気分も味わえました。
地元を離れてしまったけど今はまだゆっくり戻ることはできないしなー・・・という人は、ストリートビューで巡ってみるのもおすすめです。